トップページ > 不妊症看護認定看護師

不妊症看護認定看護師

認定看護師について

日本看護協会では、特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかることを目的とし、認定看護師制度を発足。

(不妊症看護認定看護師教育課程は、聖路加国際大学教育センターでの受講となります)

ページトップへ戻る

教育課程の目的

1)リプロダクティブ・ヘルスの観点から、個人およびその家族のQOL向上に向けて、質の高い看護を実践する能力を育成する。
 2)不妊症看護分野において、看護実践力を基盤とし、他の看護職者に対して指導・相談ができる能力を育成する。
 3)生殖医療チームにおける看護の役割を果たせる能力を育成する。

ページトップへ戻る

カリキュラム

<共通科目(必須)> 看護管理、リーダーシップ、文献検索・文献購読、情報管理、看護倫理、指導、相談
<共通科目(選択)> 臨床薬理学、医療安全管理
<専門基礎科目> リプロダクティブ・ヘルス、性と生殖の形態・機能、不妊症・不育症の診断と治療、生殖医療と社会、不妊症看護の基礎理論
<専門科目> 不妊症看護概論、不妊症看護援助論T、不妊症看護援助論U、不妊症看護カウンセリング技術、不妊症看護マネジメント
<演習および臨地実習> 演習(不妊症相談・教育:集団指導、個別指導)、 臨地実習
ページトップへ戻る

期待される能力

  • 1.不妊症の病態の把握に加え、社会情勢を踏まえた最新知識をもとに個人およびその家族に対して、身体・心理社会的側面について継続的にアセスメントを行い、看護を計画・実施し、その評価ができる。
  • 2.生殖にまつわる問題を抱えている個人およびその家族に必要な情報提供や相談を行い、治療について自己決定できるよう援助する。
  • 3.不妊症看護の実践を通して、役割モデルを示し、看護職者への指導・相談を行うことができる。
  • 4.より質の高い医療を推進するため、他職種と協働し、生殖医療チームの一員として役割を果たすことができる。
  • 5.生殖医療における人権を擁護するために、適切な倫理的判断に基づいた看護を実践する。
  • 6.生殖医療の特徴を理解したうえで、看護の立場からリスクマネジメントができる。
  • 7.ヘルスプロモーションの観点に基づき、思春期から更年期にある対象のリプロダクティブ・ヘルスを支援する。
ページトップへ戻る

出願資格

<共通要件>

1.日本国の看護師免許を有すること。

2.看護師免許取得後、実務研修注1が通算5年以上注2であること。

3.課程別に定める要件を満たすこと。
   
注1) 実務研修とは、指導・研修体制のもとにおける看護実務経験を意味します。
    注2) 2015年3月末で、保健師、助産師、看護師として看護実践経験が60ヶ月目以上を意味します。


<不妊症看護コースの要件>

1.通算3年以上、不妊症患者の多い病棟、または外来等での看護実践を有すること

2.不妊症患者の看護を5例以上担当した実績を有すること

3.現在、不妊症患者の多い病棟、あるいは外来等で勤務していることが望ましい

ページトップへ戻る

募集案内

募集については、看護協会ニュース、聖路加国際大学 教育センターHPでご案内します。
出願書類は聖路加国際大学 教育センターHPでダウンロードできます。

募集について2013年度の募集について

ページトップへ戻る

お問い合わせ先

聖路加国際大学 教育センター
所在地 〒104-0044 東京都中央区明石町10-1
電話 03-5550-2436(教育センター生涯教育部 直通)
e-mail nintei@slcn.ac.jp
ページトップへ戻る

関連リンク

ページトップへ戻る
Copyright(C) ビジネス用HTMLテンプレート no.002 All Rights Reserved.